京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 統合生体プロセス分野
 
 
Lab. of Integrative Biological Science, Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University, Japan
遺伝子改変マウスをもちいて受精と免疫の融合域を探る

研究成果

総説・著書

英文

  • Hirota K, Ahlfors H, Duarte JH, Stockinger B. Regulation and function of innate and adaptive interleukin-17-producing cells. EMBO Rep. 13, 113-120. (2012).
  • Stockinger, B., Hirota, K., Duarte, J., and Veldhoen, M. External influences on the immune system via activation of the aryl hydrocarbon receptor. Semin Immunol 23, 99-105. (2011).
  • Hirota, K., Martin, B., and Veldhoen, M. Development, regulation and functional capacities of Th17 cells. Semin Immunopathol 32, 3-16. (2010).
  • Stockinger, B., Veldhoen, M., and Hirota, K. Modulation of Th17 development and function by activation of the aryl hydrocarbon receptor--the role of endogenous ligands. Eur J Immunol 39, 652-654. (2009).
  • G. Kondoh: Methods in Molecular Biology, vol. 183: Green Fluorescent Protein: Applications and Protocols. Development of glycosylphosphatidylinositol-anchored enhanced green fluorescent protein. p215-224, Humana Press, 2002.
  • G. Kondoh, and Q. Li: Transgenic models for testicular tumors. Current Advances in Andrology, p301-310 (1997)

邦文

  • 渡邊 仁美, 竹田 理恵, 廣田 圭司, 近藤 玄「マウス精子成熟における遺伝的背景の影響について」:日本IVF学会雑誌, Vol.20 ,No.2, 6-8,2017
  • 廣田圭司「自己免疫性関節炎を惹起するヘルパーTサブセットと認識自己抗原」:慢性炎症性疾患の新たな展開;最新医学、最新医学社、2320-2325、71巻11月増刊号2016年11月25日発行
  • 廣田圭司「自然リンパ球の機能と腫瘍形成」:がん免疫療法のメカニズム解明と臨床への展開;がんと免疫、南山堂、37-41、2015年10月15日発行
  • 廣田圭司、橋本求、坂口志文 「関節リウマチの病態形成に関与するT細胞クローンの同定と新規自己抗原RPL23A」:感染・炎症・免疫、45巻 3号 67-70、Autumn 2015
  • 廣田圭司「Th17細胞の機能制御と自己免疫疾患」:実験医学 増刊、羊土社、33巻12号(増刊)1877-1881、2015年8月1日発行
  • 廣田圭司「腸管パイエル板におけるIgA産生に関与するT細胞」:臨床免疫・アレルギー科、科学評論社、61巻6号694-699、2014年6月
  • 廣田圭司「Th17細胞のPlasticity(可塑性)」:炎症と免疫、先端医学社、21巻2号93-97、2013年
  • 廣田圭司「ダイオキシンレセプターとTh17細胞」:臨床免疫アレルギー科、科学評論社、53巻3号235-239、2010年
  • 廣田圭司「ダイオキシン受容体によるTh17細胞の機能制御」:実験医学、羊土社、28巻12号、1910-1915、2010年
  • 近藤 玄:受精担当分子としてのアンギオテンシン変換酵素:GPIアンカー型タンパク質遊離機能との相関。医学のあゆみ「レニン・アンギオテンシン系のすべて」228巻5号、p513-516、2009
  • 廣田圭司、坂口志文「Th17とSKG関節炎」:Annual Review 免疫 2008、中外医学社、2008年
  • 竹田 潤二、近藤 玄:技術 遺伝子改変動物の樹立と機能解析への応用 脳21 2巻2号 p187−191(1999
  • 竹田 潤二、中野 有香、近藤 玄:技術 遺伝子改変動物の作製 脳21 2巻1号 p85−89(1999
  • 近藤 玄、李 勤:グラフ トランスジェニックマウス/ノックアウトマウス Medicina 32巻10号 p2079-2083 (1995)
  • 近藤 玄、羽倉 明:パピローマウイルス癌遺伝子トランスジェニックマウス Molecular Medicine 増刊号 マニュアル:疾患モデルマウス p328ー332(1994
  • 近藤 玄、羽倉 明:ヒトパピローマウイルスと子宮癌の関連性 免疫薬理12巻2号<持続感染性ウイルス疾患> p57ー61(1994
  • 羽倉 明、湯通堂 満寿男、近藤 玄:ヒトパピローマウイルスと癌 最新医学1993年増刊号 <癌解明への新しいアプローチ:臨床遺伝子学’93> p71-83 (1993)
  • 近藤 玄、羽倉 明:パピローマウイルス遺伝子をもつトランスジェニックマウス CRC 2巻3号 p600-607 (1993)
  • 近藤 玄:こう丸腫瘍好発系トランスジェニックマウスにおけるSteel/kitシグナル伝達系の活性化 日本疾患モデル学会誌 p19-23 (1993)
  • 近藤 玄、羽倉 明:ヒトパピローマウイルス(HPV) 代謝27巻 臨時増刊号<先端の医生物学とバイオサイエンス> p27-35 (1991)